お薬について書いていきます。

目薬を間違えちゃった!

私の家では猫を一匹飼っています。

野良だったのを妹が拾って来たメスの子で、その当初から右目がきちんと開いておらず、半分から2/3くらいしか開かず、よく目やにや涙が出ていました。

動物病院で診てもらうと、先天性の病気のようで、具合が悪くなると開きにくくなって、目やにや涙が多い時は目薬を差す必要があると言われました。

それ以来、具合を悪くしては病院へ連れて行き、目薬と、ひどい時には軟膏を処方されました。

最初は目薬を差すのに暴れて暴れて仕方なかったのですが、14歳(人間で言えばもうおばあちゃん)になった今では、若い頃のような暴れ方はせず、いつも二人がかりだった目薬も、一人で簡単に差してあげることができるようになりました。

そんな折のことです。

私は私でドライアイが結構辛かったので、眼科で目薬をもらっていたのですが、ある日、猫の目薬と私の目薬を両方同じテーブルの上に置いておいたら、間違って猫の目薬を自分に差してしまったのです。

差した瞬間、違和感に気づきましたがもう手遅れ。

必死になって目を水で流して、夜だったので翌日眼科へ訪れました。

看護師さんに「今日はどうされましたか?」と聞かれたものの、ペットの目薬を間違って使ってしまったとは恥ずかしくて言えず、「自分のものでない目薬を使ってしまいました」と言葉を濁しました。

しかし、その目薬の名前を聞かれて答え、しばらくすると呼ばれて、

「該当する薬が存在しないんですが、誰の、何の薬ですか?」と追及が……。

これには答えるしかありません。周りに聞こえないよう小さな声で、「ペットの猫のものです」と答えました。

結局、診察では異常無しだったものの、笑われても仕方のないうっかり話です。

FXと納税